2016/06/18

ブーランジュリー・マルゼルブ ~札幌パン紀行~

六花亭の後に行きました。
南区のパン屋さんに行く機会はめったにないので、すごくワクワク。

サンクスの向かいくらいにある小さいパン屋さんです。
目の前に1~2台くらい駐車スペースがあります。

シックで少し暗めの店内。
パンの種類はさほど多くないですが、ほとんどがハードパンでした!
ハードパン好きのため超興奮。




こんだけ買いました。
パンは同じ種類でもSサイズのものがあり、お試しできるのが嬉しい。
今回Sサイズばかり購入。

こちらはカレー味なパン。
もっちり!
カレー風味が強い。
中には特になにも入っていません。
オリーブオイルつけて食べると良いかも。
とはいえ、なにもつけずにムシャムシャやっちゃいました。
だって美味しかったんだもん。

これはレーズン入ったパン。
表面のカリカリが、過去最高に好きな味でした。
もはや衝撃的といってもいい。
なんかこう、ちょっとクッキー感あります。
それがレーズンと相まってもう。もう。
あ。Sサイズです。

こちらはいちぢく。Sサイズ。
小さいけど食べ応えある。
ライ麦じゃないけど、けっこうずっしり感あるのよね。
なぜかしら。

こちらは、名前忘れましたが5種類なにやらが入っているパン。
5つの幸せって名前のパンだと思いました。

断面ごとに違うものが入っているのがわかります。
くるみ、レーズン、オレンジピール、いちぢくはわかったんだけど、もうひとつなんだっけ(バカの顔で)。
ともかく美味かったです(頭の悪いコメント)。

こういうパンの場合、サワークリームとかクリームチーズとか、そういうのつけていただくことがほとんどなワテクシですが、コチラのお店のパンは、本当にほとんどなにもつけずにいただきました。
いやもう、そのままですごく美味しいのだもの。

あと最後にもうひとつ。チャパタ。
シンプル。
買ったは良いけど、どうやって食うのよとググったり。
なにかはさんで食べるらしい。ほう。
けっこう堅いんだけど大丈夫なのか?

まずは開いてみた。
ちょっとはしっこはつないだまま。
表面は堅いと思ったが、開いてみると柔らかい。カリカリ部分が少ないのね。
そしてパンはしっとり。パサつきゼロ。

豚バラをカリカリに焼いて、荒い炒り卵をのせてみた。
少しだけ塩コショウ強め。

ぎゅっと。
こんな感じ。
あんがい潰れない。
むしろみっちりになってイイ感じ。


もぐもぐ。
食べてびっくり。
パン屑はちっとも出ない。そういうもんなんかな。
なかなか美味しくいただけました。
こういうプレーンパンは今まであまり購入したこと無かったのですが、今後はもっと積極的に購入していきたいですね。

品数は確かにそんなに多くはないですが、ひとつひとつのパンの完成度がとんでもなく高いです。
ハードパンはカリカリの部分が本当に美味しかった。
ナンバーワン美味い。
そして中のモチモチが小麦が薫る。
このパン屋さんが人気高いのは頷けます。
ていうか、オラも一撃でノックダウンです。
美味しかったー!

なんで近所にないのだ。あったら通いますよコレ。
そんな危険なパン屋さんでした。

ブーランジュリー・マルゼルブ
https://www.facebook.com/b.malesherbes
〒005-0804
北海道札幌市南区川沿4条3丁目2−12
8:00~18:00
木曜休、第2水曜休